日本に古くから伝わる薬膳と、現代の栄養学。どちらも大切にしながら、サステナブルに食を楽しむ薬膳style。おいしいが未来になる。家族や仲間、大切な人とLAGOM(=スウェーデン語で、ちょうどよい、心地よくいこう)で豊かなおいしい時間を♪
『note』体質や体調がわかる5つの簡単薬膳セルフチェック他、情報発信中です。
こちらです。

【薬膳カレー・冬】かんたん!おうちで本格!冬食材で薬膳キーマカレーレシピ

薬膳カレー

こんにちは🍀

薬膳カレーとは、薬膳のメソッドから、季節や気候(因時成宜)、自分の体質、体調に合わせた食材(因人成宜)、そして、新鮮なスパイスを使って、カラダを整えていくカレーです🍛

難しそうと思われるかもしれませんが、スパイスの配合さえ、間違わなければ、あとは、簡単。おいしい薬膳カレーができますよ。

使用するスパイスは、基本の3種です。

スパイスは、寒さで滞りがちになる、気や血の巡りを改善、代謝をよくし、胃腸を強化する効果もあります。

今回作るのは、冬食材の大根とカリフラワーとひき肉がたっぷり入った、カラダに優しい、薬膳キーマカレーです。

大根とカリフラワーは、どちらも、胃腸に働き、ビタミンCや葉酸、カリウムなど、ビタミン類が豊富なので、風邪予防にぴったり。

元気を補って、カラダも中から潤い、胃腸を強化する組み合わせです。

 

元気補い度☆☆☆☆

カラダ潤い度☆☆☆☆☆

風邪予防に☆☆☆☆☆

 

【薬膳カレー・冬】大根とカリフラワーを使った薬膳キーマカレーの材料(3~4人分)

  • 大根…300g

  • カリフラワー…150g

  • 合い挽き肉…300g

  • 玉ねぎ…中サイズ1ケ

  • パクチー(飾り用)…適量

  • ミニトマト…人数分

  • 昆布…5cmサイズ1枚

  • かつお厚削り節…10g

  • 水…4カップ
  • 小麦粉…大さじ2

☆使用するスパイス

今回のポイント📝 一味唐辛子を加え、辛味を出します。
  • クミン…大さじ2
  • コリアンダー…大さじ2
  • ターメリック…大さじ1と1/2
  • 一味唐辛子…少々
  • にんにく…1かけ
  • 生姜…1かけ

☆使用する調味料

  • 牛乳…大さじ1
  • 白だし…1と1/2
  • 塩…小さじ1
  • こしょう
  • 炒め用の油…大さじ3

【薬膳カレー・冬】大根とカリフラワーの薬膳キーマカレー下準備

  • にんにく、生姜をみじん切りにする。
  • 玉ねぎをみじん切りにする。
  • スパイスを小皿にすべて出しておく。
  • 大根は皮をむき、1.5センチ角に切る。

 

  • カリフラワーを食べやすい大きさに切る。

 

 

【薬膳カレー・冬】大根とカリフラワーの薬膳キーマカレー作り方🍛

☆だしとり

1.小鍋に水と昆布を入れ、中弱火で、10分ほど煮る。十分にだしがとれていることを確認して、昆布は取り出しておく。

2. 1の鍋に、かつおぶしを入れて、5分ほど煮だし、あくが出れば取り除いて、だしが十分にとれていることを確認したら、かつおぶしを取り出しておく。

☆玉ねぎを炒める

だしとりをしている間、玉ねぎを炒めていきます。

1.大きめの鍋を熱し、油をしいて、みじん切りにした、にんにくと生姜を、弱火で炒めます。

2.香りがしてきたら、玉ねぎを炒めます。

 

3.中火で10分ほど、しんなりして、きつね色になるまで炒めます。

memo📝 じっくりと玉ねぎの甘味を引き出します。

☆具材を炒め、だし汁、スパイスを加える。

4.3に、ひき肉を加え、色が変わってきたところに、大根→カリフラワーの順に入れ、肉汁を野菜にしみこませるように、じっくりと炒めていきます。しんなりしたら、小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで、なじませます。

①ひき肉を加える。

②大根→カリフラワーを加える。

 

③小麦粉をなじませる。

6.5にだし汁と白だしを加え、中火で10分煮込みます。あくが出てきたら、取り除きます。
7. 6に、スパイス、牛乳、塩、こしょうを加えて、味を整えます。
仕上げに、パクチーたっぷりと、ミニトマトものせて、完成です。
熱性の性質の一味唐辛子で、カラダもポカポカ、あったまります。
これから、寒い季節には、ぴったり。
心もカラダも温かくして、元気に、冬を乗りきろう🧣
では、みなさま。
美味しくカラダを整えて、
今日も、ステキな一日を🍀