日本に古くから伝わる薬膳と、現代の栄養学。どちらも大切にしながら、サステナブルに食を楽しむ薬膳style。おいしいが未来になる。家族や仲間、大切な人とLAGOM(=スウェーデン語で、ちょうどよい、心地よくいこう)で豊かなおいしい時間を♪

【薬膳レシピ・夏】朝食におすすめ。簡単時短『5分で作る豆乳スープ』

簡単・時短レシピ

こんにちは🍀

5TASTES&COLORS🌈、大森かなです。

梅雨のじめじめ、蒸し暑い日が、続いていますね。

みなさま、いかがお過ごしですか?

この、湿度と暑さには、ほんとバテそうですが、できる限り体感温度を下げる工夫をして、水分補給はこまめに。

そして、忘れがちなのは、意外にも塩分です。

たくさん汗をかいたり、水分を多めに摂った後は、カラダに必要な塩分まで消耗してしまっています。

高血圧の方は、控えた方がよいですが、そうでない方は、この時期、塩分の方も忘れずに、しっかりとってくださいね。

 

さて、今回は、

簡単で時短な朝食メニュー。

食欲がない朝でも、胃腸にやさしくて、栄養バランス◎✨

5分でできる、とても簡単な、豆乳スープです🥄

【薬膳レシピ】夏におすすめ。簡単時短『豆乳スープ』の材料

☆材料(3~4人分)

  • 豆乳(無調整のもの)…500ml
  • 桜エビ…5g
  • 塩…小さじ1
  • こしょう…少々
  • 和風顆粒だし…小さじ1/2
  • 飾り用の桜エビ

【薬膳レシピ】夏におすすめ。簡単時短『豆乳スープ』の作り方

☆作り方

  1. 小さめの鍋を熱し、ごま油をしき、弱火にして、桜エビを入れる。
  2. 桜エビの香りが出てきたら、豆乳を加える。
  3. 和風顆粒だし、塩、こしょうを加え、沸騰直前で火を止める。
  4. 器に盛り、飾り用の桜エビをのせて、完成です✨

豆乳も味噌もどちらも大豆食品ですが、味噌は腎、豆乳は、肺に効果があります✨

 

連日の蒸し暑さから、最近、食欲ない~💦朝ご飯、食べたくない~💦

なんて方も、多いかもしれません。

そんなときは、とにかく、食べやすいものがいいですし、

脾(胃腸など消化、吸収機能)を補う食材を選ぶといいと思います。

また、

カラダにこもった熱をとる、寒、涼性の野菜の、夏野菜、ズッキーニ&アスパラガスのブルスケッタもご紹介します。

薬膳レシピ『夏野菜のブルスケッタ』の材料

☆材料(2~3人分)

  • バケット…1本
  • ズッキーニ…1本
  • アスパラガス…2本
  • オリーブオイル…適量
  • ピザソース(市販のもの)…適量
  • ピザ用チーズ…適量

薬膳レシピ『夏野菜のブルスケッタ』の作り方

☆作り方です。

  1. バケットは、約2センチの厚みに、スライスする。
  2. ズッキーニは、2ミリの厚さに、スライス、アスパラガスは、細めの乱切りにする。
  3. 1に、オリーブオイル、その上にピザソースをぬる。
  4. 3に、2を並べ、ピザ用チーズをかけて、オーブントースターで、野菜に火が通って、チーズがこんがり焦げ目がつくまで焼いたら、完成です✨

ズッキーニは、寒性、アスパラガスは涼性食材✨

忙しい朝ですが、朝食は3食のなかでも、特に大切です。

こんな、梅雨シーズンですが、

朝食を、美味しく食べて、元気に一日のスタートをきりたいですね🍚。

 

では、

おいしくカラダを整え、

ステイヘルシーで、

すてきな週末をお過ごしください🍀

 

いつも読んでくださりありがとうございます🌈