日本に古くから伝わる薬膳と、現代の栄養学。どちらも大切にしながら、サステナブルに食を楽しむ薬膳style。おいしいが未来になる。家族や仲間、大切な人とLAGOM(=スウェーデン語で、ちょうどよい、心地よくいこう)で豊かなおいしい時間を♪
『note』体質や体調がわかる5つの簡単薬膳セルフチェック他、情報発信中です。
こちらです。

【薬膳レシピ・冬】クリスマスは骨付きチキン(テリヤキみかんソース)でカラダ整う。

冬の薬膳レシピ

こんにちは✨

皆さま、いかがお過ごしですか🎄?

5TASTES&COLORS🌈大森かなです。

クリスマスといえば、チキン🍗✨

テリヤキみかんソースの骨付きチキンをご紹介します🍊。

もも肉でも美味しくできますが、骨付き肉の方が断然!スペシャル感が出ます👍

さわやかなミカンの酸味とテリヤキソースが合う✨

鶏肉×みかん🍊 鶏肉は気や血を補って体を温め、みかんの柑橘の香りが気を巡らし、乾燥による、口の渇きや喉の症状を改善します。

・気を補う度 🌟🌟🌟🌟

・血を補う度 🌟🌟🌟🌟

・身体潤う度 🌟🌟🌟🌟

・身体温め度 🌟🌟🌟🌟

パセリのみじん切りはたっぷりとのせてね。

香りも大切、気の巡りがよくなるよ♪

骨付き肉は、しっかりと火が通るよう、裏表両面を、じっくり焼きます🍳。

【薬膳レシピ・冬】クリスマス料理。骨付きチキン(テリヤキみかんソース🍊)の材料

☆まずは材料から🎄

骨付き肉ともも肉

  • 骨付き肉…2本(もも肉の場合、350グラム)
  • みかん…3個(果汁のみ絞って使用、150ccになるようにする。)
  • パセリ…1本
  • しょうゆ…小さじ1
  • 砂糖…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • バター…5グラム
  • はちみつ…大さじ1
  • オールスパイス…少々
  • じゃがいも…2ケ
  • 塩、こしょう

【薬膳レシピ・冬】クリスマス骨付きチキン(テリヤキみかんソース)の下準備🎄

  • 肉を冷蔵庫からだし、常温に戻しておきます。
  • じゃがいもは、皮をむき、食べやすい大きさにカットし、クッキングペーパーを敷いた耐熱皿の上にのせ、水を大さじ1かけて、ラップをし、3分加熱します。
  • パセリはみじん切りにしておきます。
  • ベビーリーフは軽く洗い、水気をとっておき、ラディッシュは洗って、薄くスライスします。

【薬膳レシピ・冬】クリスマス骨付きチキン(テリヤキみかんソース)の作り方

☆では、作っていきましょう。

  1. フライパンを熱し、オイルをしき、鶏肉を焼いていきます。塩コショウをし、蓋をして、片面ずつ蒸し焼きにする。
  2. 両面焼けたら、いったん肉を皿にとりだし、フライパンの油をふきとる。
  3. 再度、フライパンを熱し、ソースの材料を一気に入れる。
  4. 煮立ってきたところに、肉とじゃがいもを入れ、からめる。ソースが煮詰まってきたら、バター、はちみつを加え、火を止める。
  5. ベビーリーフとラディッシュをのせた皿に盛りつけ、ソースをかけ、パセリのみじんぎりをのせて、完成です🙌

もっと気軽に、もも肉を使って作れば、こんな感じに。

1枚を3等分の食べやすい大きさに切って、骨付き肉と同様に焼きます。

こちらの方が、火が通りやすいので、短時間で焼けます。

食べやすさも◎👍

もし、みかんがあったら、クリスマスでなくても、とっても美味しいので、気軽に作ってみてくださいね🙂✨

HappyChristmas‼

皆さんは、どんなクリスマスを過ごしていますか?

すてきなクリスマスタイムになりますように…🎀

ホワイトクリスマスになるかな☃。

寒さ半端ないですね。

風邪をひかないように、

あったかくして、

どうぞ、ステイヘルシーでお過ごしください🧣。

いつも読んでくださりありがとうございます🎄